PRESS & NEWS

流氷の状況について(2022年1月10日現在)

流氷はいまどこにいるのか…?

気になっている方が多いのではないでしょうか。

私もそのうちの一人です!

その年の気候や風向きによって変わってきますが、一般的に流氷は1月の下旬頃に肉眼で見え始め、2月中旬から3月上旬にピークを迎えます。

第一管区海上保安本部の流氷情報センターの最新海氷速報によると、密度の濃い流氷は今稚内ほどの位置まで来ており、着々と紋別、網走、知床に向かって降りて来ております。



第一管区海上保安本部 海氷情報センターのホームページはこちらをご覧ください!



上の写真はKIKI知床の客室、サンセットツインから撮影したオホーツク海の様子です。(2022年1月10日撮影)

まだ流氷の姿は見えません…

地平線まで真っ白く広がる景色を、KIKI知床の客室から見渡せる日が来るのがとても待ち遠しいです!

北こぶし知床のブログはこちらから!

広報担当/髙橋あゆみ

最新記事
月別アーカイブ
ページトップへ