Special feature @ Shiretoko

知床の海をお散歩 SUP -Stand Up Paddle board-

SUP(サップ)というアクティビティはご存知ですか?

SUPとは「Stand Up Paddle board(スタンドアップパドルボート)」の略で
その名前の通り、専用のボードの上に立ち、パドルを使い海面を進んでいくウォータースポーツの1つです!
新感覚アクティビティとして最近人気が出てきています。

そのSUPを知床で体験してきました!

体験した時期は流氷漂う今年の4月。
夏真っ盛りなのになぜ流氷?と思われるかと思いますが、夏にもSUPを体験することはできます!

この記事を見て涼んでいただき、ぜひSUPをこの夏体験してみるのはいかがでしょう?

 

それでは体験話スタートです!

 

今回お世話になったのは 知床アルパさん
登山や川遊び、カヤックなど知床のアクティビティの中でもマイナーなものを手掛けています。

朝の9時に集合し、まずはドライスーツへお着がえ。
私はドライスーツ自体初めてでしたが、とても丁寧に着方を説明していただけました。
服装は動きやすい長袖、長ズボンであればOK
ドライスーツを着る際にズボンの裾を靴下に入れるので、靴下は長めがおすすめです◎

出発し海岸に着くと流氷がポツリポツリとあり、とてもわくわくしました!

 

 

いざ、海の中へ!体験スタート!

まず、最初はボードは使わずドライスーツで海に浮いてみました。
ドライスーツは空気が出ないようになってるので水の中でラッコのような姿勢をすると浮くことができます!
流氷が浮いている海水の中でも冷たくなく、不思議な感覚でした。

海に浮かぶことができたら、次はボードへ
写真を見ると大きく感じるかもしれませんが、空気で膨らませているので女性でも軽々持ち運ぶことができます。
水の上に浮かぶボードに乗るのは初めてで緊張しましたが、思っていたより安定感があり乗っているだけでとてもわくわくしました!

ボードに乗ったら膝立ちになって漕いでみます。
左右順番に漕ぐことでゆっくりですが前に進むことができました!

慣れて来たら次はボードの上に立ちます
SUPは浮きやすい専用ボードなので初心者でも立ちやすいらしいです

ですが、これがなかなか難しい…!
バランスを崩してしまうと海に落ちてしまいます(笑)
ですが、最初に習ったラッコのポーズがあれば安心です。

だんだん慣れてくるとコツを掴んできます。
最後の方ではバランスを崩すことも少なく方向転換も出来ました!

そして何と言っても海や流氷、流氷の上から見る景色がとても綺麗でした!

 

体験は午前中で終わるので午後からお出かけもおすすめです!
流氷が残る冬から春にかけて、夏の知床の海も気持ちよさそう!
晩秋には海の中にサケやマスの姿が見えることもあるそうです。

SUPで知床の海を散歩してみるのはいかがでしょう?

フロント・ショップ担当:和田 美和

ページトップへ